外壁塗装を検討中の方必見!工事の流れ・費用相場・業者の選び方などの基礎知識を解説!

外壁塗装の工事を行う際にはまず着工前の挨拶があります。
工事中は周辺の住民に少なからず迷惑をかけてしまうことがあるので、予め了承していただくために挨拶をします。
その後仮設足場の工事とシートの設置を行い、高圧洗浄を実施していきます。
洗浄後は確実に乾燥させてから下地調整にあります。
養生を行った後に外壁の塗装の作業に入ります。
付帯部まで塗装を行ったらあとは施工主にチェックをしてもらって問題がなければ完了です。

外壁塗装を検討中の方必見!工事の流れ・費用相場・業者の選び方などの基礎知識を解説!

住宅を守る上で外壁は非常に重要です。
塗装に使用する塗料だけでもその性能は大きく変わります。
日本は雨が多く、湿気のある時期が長いため他国以上に外壁塗装の精度が求められます。
外壁塗装を行う際には洗浄や乾燥なども必要となります。
この基礎知識があれば外壁塗装の工事を依頼する際に役立ちます。
最終のステップとして施工主がチェックすることも大切です。
もしも不満な点があれば遠慮せずに伝えて、改善してもらえるようにしましょう。

外壁塗装はどのような工程で行われる?大まかな流れを押さえておこう!

家の外壁は風雨や紫外線など強い負担が日々かかり続けていて、ヒビやサビの原因となります。
ヒビやサビの部分から雨水などが入り込んで、柱そのものを腐らせてしまう場合もあり早期に塗装を検討することをおすすめします。
耐用年数は一般的に10年から20年程と言われていて、それよりも前に気になる箇所が見つかった時には専門の業者への相談をおすすめします。
業者によって使用する塗料や塗り方などは違いがありますが、まずは外壁塗装がどのような工程で行われているのか、大まかな流れを抑えておくことがトラブル防止の為にも重要です。
外壁塗装をする場合にまずは足場の設置やシートを設置してから、外壁に付いた汚れを高圧洗浄することから始まります。
その後十分に乾燥させてから下地の部で、劣化が見られれば修繕を行い養生をします。
そして塗装を行いますが、下塗りをしてそれから上塗りを行います。
塗りの部分は業者によって回数や塗り方は異なりますが、その後足場の解体や清掃作業を行い終了という流れになります。
一戸建ての場合は約10日から14日程度が一般的で、外壁の状態によってはこれよりも長く作業がかかる場合もあります。

外壁塗装の際に行われるコーキング工事の必要性について

外壁塗装といえば屋根塗装ともう1つ、いわゆるコーキング工事が行われますが、その必要性について疑問を感じる人もいるのではないでしょうか。
結論としては必要不可欠だといえますし、外壁塗装とセットで工事をするのが望ましいです。
理由は簡単で、外壁の塗り直しが必要な状況においては、必然的にコーキングも劣化して傷んでいるからです。
劣化した状態では雨水の侵入が防げませんし、壁内に水分が侵入して建物を傷めたり腐らせてしまう恐れがあります。
その為、外壁塗装工事の際には、隙間を調査したり必要に応じて埋める、打ち直すなどの工事も必須となります。
いくら塗装が綺麗に塗り替えられても、壁と壁の境目に隙間があれば意味がないですし、雨風には無力です。
外壁塗装には徹底洗浄や下地作りのように、他にも必要性の高い工程がありますから、疑問を抱いたら何故必要なのかを考え、そして納得した上で工事を相談したり依頼するのが良いのではないでしょうか。

サイディングに外壁塗装が必要な理由

住宅の外壁材がサイディングを用いている場合、経年劣化が分かりにくいことが多いのですが、外壁を点検した際に粉状のものが出ていたり、汚れや変色が起きている場合は分かりやすい事例なので外壁塗装のタイミングと判断できます。
金属製のタイプでは外壁塗装をしなくても良いのではと感じる方がいるかもしれませんが、サイディングは何枚ものパネルで固定されているものなので隙間が劣化によって出てしまう可能背があります。
このことで外壁塗装をすべき理由になりますが、実際にはパネル間の隙間を埋めることを目的にしているだけではなく、窓ガラスとの接合箇所にはシーリング材が用いられています。
このシーリング材は雨漏りを防ぐ大切な役割になり、年数が経過すると硬くなり本来の機能を失ってしまいます。
そのため見た目上は問題が無いと判断をしても、漏水の被害から住宅を守るにはシーリングの打ち直しを同時に行う外壁塗装を行う必要性があるということも施工すべき理由です。

外壁塗装に適したシーズンは?季節ごとのメリット・デメリット

外壁塗装には、理想的な気温や湿度の条件があります。
そのため外壁塗装のベストシーズンは、気温や湿度が安定している春と秋です。
春と秋は気温や湿度が一定に保たれているために、塗装がしやすく仕上がりも美しくなりやすいとされています。
しかしその一方で春と秋にもデメリットはあり、それは雨です。
日本の春には春雨前線、秋には秋雨前線があり台風もやってくる可能性が高くなります。
雨が続けば工事ができなくなり工期が延びるので、気になるデメリットと言えるでしょう。
夏は晴れの日が多くスムーズに工事を進められますが、外壁塗装をしている期間は窓を開けられないためエアコンは必須です。
冬は降雪地帯以外は湿度は低く安定しているものの、凍結などのデメリットがあります。
他にも梅雨は雨が多い代わりに、予約を取りやすいメリットもあります。
このように外壁塗装には、シーズンごとにメリットとデメリットがあるので良く考えて専門業者に依頼しましょう。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装の流れ

外壁塗装の工事を行う際にはまず着工前の挨拶があります。工事中は周辺の住民に少なからず迷惑をかけてしまうことがあるので、予め了承していただくために挨拶をします。その後仮設足場の工事とシートの設置を行い、高圧洗浄を実施していきます。洗浄後は確実に乾燥させてから下地調整にあります。養生を行った後に外壁の塗装の作業に入ります。付帯部まで塗装を行ったらあとは施工主にチェックをしてもらって問題がなければ完了です。

Search